電子レンジを使ったドライフラワーの作り方

Prera madeブログを紹介

電子レンジを使ったドライフラワーの作り方

2016年5月26日

テーマ:ブログ

花は枯れてしまうからこそ魅力があり美しいものですが、せっかくのきれいな花が、枯れてしまうのはどこか寂しいですよね。

その花をドライフラワーにすることで、長期間の保存が可能となります。
お手軽にできるということで、女性の趣味としても人気のものとなっています。

そこで今回は、電子レンジを使ったドライフラワーの作り方についてご紹介します。

まず、用意するものをリストアップしましょう。
・シリカゲル
・電子レンジ対応の容器を使用する耐熱容器
・紙コップ
・ドライフラワーにする植物やお花
シリカゲルは園芸店やホームセンターで購入することが出来るドライフラワー用のものを購入するとよいでしょう。

材料は、どれも聞いたことのあるものばかりですよね。
簡単に手に入るものを用意するだけで、ドライフラワーが作れるのです。

そして、作り方はまず準備としてドライフラワーにする植物やお花の汚れやゴミなどを取り除いてから、お花の場合は茎を2センチほど残してカットします。

この作業を怠ってしまうと、せっかくのドライフラワーが完成しても、
汚れと一緒に花が壊れてしまったり、しっかり乾燥させれないことによって
上手にドライフラワーが作れません。

事前準備も丁寧に行うことが完成のクオリティにつながってくるでしょう。

次に耐熱容器にシリカゲルを敷き(3センチほどの高さまで)ドライフラワーにするお花の茎をしっかり入れお花がしっかり埋まるようにシリカゲルをかけていきます。

この際にピンセットなどで花びらの隙間を開きながら同じ手順でシリカゲルを注ぐ事と容器をゆらゆらと、ゆらしてまんべんなくシリカゲルを行き渡らせて準備は完了です。

続いてお花が全て埋まったらふたやラップはいらないのでそのまま500ワットで1分半くらい電子レンジで加熱するとドライフラワーが完成します。

このとき、もし水分が残っているならば乾き具合を見ながら1分ずつ加熱時間を延長します。

注意点としてはレンジから出す際に崩れやすいのでそっとお花を取り出すようししましょう。
また、加熱時間が長いと焦げるので気を付けましょう。

このように、電子レンジを使うと、簡単にドライフラワーが作れるのです。
様々な作り方があるからこそ、楽しいものとなることでしょう。

さらに、ドライフラワーは、アレンジ次第で、色味なども美しいものとなります。
それぞれの作り方に応じて、注意点には気を付けて、ドライフラワーを作ってみてはいかがでしょうか。

 

top_bn