開店祝いのメッセージ

Prera madeブログを紹介

開店祝いのメッセージ

2016年10月29日

テーマ:ブログ

開店したばかりの店の前にはしばしば、大きなスタンドフラワーやアレンジメントが飾ってあります。

こうした花の多くは関係者や知人・友人、地元の商店会から贈られたものですが、単にお祝いとしてではなく、華やかさで人の目を引いて新しい店に興味を持ってもらう役割も果たします。

開店祝いの花を贈ることは、新しい店をスムーズに軌道に乗せるのに有効な手段にもなるのです。

開店祝いの花を贈る場合、事前に注意しておきたいポイントがあります。

まず、店に届けるのに好ましいタイミングは開店前日または当日です。
開店準備の進捗によっては開店日が延期になってしまうこともあるので、あらかじめ日付を確認しておきましょう。

贈り物の花のスタイルにはスタンド花、アレンジメント、花束があり、生花かプリザーブドフラワーを選ぶことができます。

どの場所に飾るかによって適切なサイズやスタイルも異なるため、開店前に店を訪れて花を飾るスペースを聞いておきましょう。

生花を贈る場合、レストランやアパレルショップでは特に、香りが強い花や花粉が飛びやすい花は厳禁です。

この点、プリザーブドフラワーは香りや花粉の心配はなく、忙しい開店当初でも水やりなどの手入れが不要なので好まれます。

開店祝いとしてお勧めの色は黄色系、オレンジ系です。
これらは黄金や稲穂の色として古くから豊穣を表すものとされ、商売繁盛を願うのにぴったりです。

逆に避けたいのは、火事を連想させる赤一色の花束や、菊などの仏事に用いる花です。

予算の相場は店側との関係にもよりますが、親しい友人関係の場合は5000円から10000円、身内または仕事関係者の場合は10000円から30000円が相場です。

花を贈るだけでもお祝いの気持ちは伝わりますが、親しい方にはメッセージカードを沿えることも忘れないようにしましょう。

多くの花屋さんではメッセージカードも用意しており、花と一緒に注文できます。

メッセージは50文字程度の文字数でバランスよく書きます。
否定的な表現は避ける、潰れる、敗れる、負けるなどの忌み言葉は使用しないなど、最低限のマナーを守りながら、明るく簡潔な言葉でお祝いします。

新しい店を開くときには少なからず不安があるものです。
そんなとき、メッセージカードが添えられた花が届けば、大きな励みになることでしょう。

親しい方が店を開くときには、その店の雰囲気に合った花とともに、温かい応援の言葉と商売繁盛を祈る気持ちをメッセージカードに込めて贈ってみてはいかがでしょうか。

 

Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn