誕生日や出産祝いを贈る時のマナー

Prera madeブログを紹介

誕生日や出産祝いを贈る時のマナー

2016年6月11日

テーマ:ブログ

誕生祝や出産祝いに相手に喜んでもらうためには、マナーをきちんと守ったお祝いをすることが大切です。

せっかくのお祝いのプレゼントがマナーを知らなかっただけに、
台無しになってしまってはもったいないことですよね。

やはり、喜んでもらえると嬉しいものです。

そこで今回は、誕生日や出産祝いの贈り物のマナーについてご紹介します。

IMG_7707.JPG

 

まず、お祝いを贈る日というのはできるだけ当日に贈るのが好ましいです。

当日に手渡しできないという場合は、相手のもとに当日に届くように宅配を手配するのも良いでしょう。

誕生日でしたら、当日かその当日より前に贈ったほうが、相手も忘れられていなかったと思うので、良いといえるでしょう。

一方、出産祝いは、出産を後日聞くことが多くなると思います。
その場合は、聞いたらすぐに贈ることが好ましいです。

また、贈り物としては花束やフラワーアレンジメント・プリザーブドフラワーが定番です。

お祝いの花としては胡蝶蘭も良いでしょう。
胡蝶蘭は贈り物の定番となっています。

花言葉に「幸福が飛んでくる」という意味を持つのがその人気の理由です。

花にはそれぞれ花言葉があるので、お祝いした相手にふさわしい花言葉の意味を持つ花を選んであげるのが良いです。

最近のプリザーブドフラワーは、種類もかなり豊富で、
プレゼントのものと上手くコラボレーションして、花がプレゼントを引き立てているようなものもあります。

そして、ものをもらうことも嬉しいですが、やはりものだけではなく、気持ちも大切です。

花などの贈り物をプレゼントする場合は、メッセージなどを添えてあげると、
さらに喜ばれることでしょう。

さらに、花には色や種類もたくさんあります。

相手の好みをそれとなくリサーチして、相手の好みの花束やフラワーアレンジメント・プリザーブドフラワーを選ぶのが良いでしょう。

他には、贈り物には4、9は避けるということを覚えておきましょう。

この二つの数字は4=死、9=苦という不吉なイメージを持つ数字です。
中国などでは9が幸せの数字ともされていますが、
日本ではあまりよくない数字として認識されていますよね。

贈り物の数が4、9にならないように注意することが必要です。

お祝いを贈る時のマナー、お分かりいただけたでしょうか。

常識的なことではありますが、しっかりわかっていないと、マナーをわかっていない人なのかなとも思われてしまいます。

マナーを意識して、相手にも喜ばれる贈り物をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

Prera madeでは

皆さんがHAPPYな気持ちと

笑顔になれたらいいなとの想いで

ひとつひとつ

真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の

通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも

お待ちしております。

お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878

プリザーブドフラワー専門店

http://fleurire.com

top_bn