彼岸花の花ことば

Prera madeブログを紹介

彼岸花の花ことば

2016年9月23日

テーマ:ブログ

赤や白、黄色などの花を咲かせる彼岸花。
色とりどりの花を咲かせる美しい花ですが、良い意味を持つ他に、悪いいわれや様々な不吉な別名を持っています。
そこで彼岸花の名前の由来や色別の花言葉についてご紹介したいと思います。

 

 

そもそも彼岸花は、秋の彼岸の頃に咲く花として、彼岸花という名前がつけられました。
彼岸花はこの他にも曼珠沙華という名前も持っていて、この名前も割と有名で、曼珠沙華という呼び方で呼んでいるという人も数多くいます。
この曼珠沙華という名前には、天上の花という意味があります。
仏教では、祝い事や慶事が起こる前触れとして、天から赤い花びらがゆらゆらと舞い降りてくるといわれ、彼岸花の姿はそれを連想させることから、このような意味が持たれているのです。

 

 

一方で彼岸花には幽霊花や地獄花といった恐ろしい別名も持っています。
その他にも狐花、捨子花、剃刀花といった様々な恐ろしい名前がついています。
このような別名は日本全国で千以上のあり、その多くが不吉な意味を持つものばかりと言われています。
このように恐ろしい名前をたくさん持つ彼岸花ですが、その由来は彼岸花が毒をもっていることも原因のひとつといわれています。

 

昔の人達は、飢饉の際には非常食としてこの彼岸花の球根を食べていました。
彼岸花の球根にはでんぷんが多く含まれているのです。
彼岸花には毒がありますが、この毒は水に溶ける性質を持つため、球根をきれいに水洗いして食べていました。

 

しかし水洗いが不完全で毒が残っていた場合に、食べて毒にあたってしまう人もいたのです。
また土葬が一般的だった時代には、この毒を利用して肉食の動物がお墓を荒らさないように、彼岸花を植えたこともありました。
このような習慣から、彼岸花は悪いイメージと結びつきやすく、不吉な呼び名が残ってしまったとも言われています。

 

 

彼岸花には、花の色別に花言葉があります。
まず白い彼岸花の花言葉としては、想うはあなた一人、また会う日を楽しみにしているといった花言葉があります。

 

そして彼岸花のイメージとして最も定着している赤の花言葉としては、情熱、再会、そして白と同じように想うはあなた一人といった花言葉ももっています。
しかし赤の彼岸花は、悲しい思い出や諦めといったネガティブな印象を与える花言葉も持ち合わせています。
そして黄色い彼岸花の花言葉としては、過去を偲ぶ追想や、深い思いやりの心といった花言葉を持っています。
また赤い彼岸花と同じように、悲しい思い出といった花言葉も持ち合わせています。

 

 

Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn