季節の花を部屋に飾りませんか?

Prera madeブログを紹介

季節の花を部屋に飾りませんか?

2016年8月14日

テーマ:ブログ

皆さんは、家の中で季節を感じることはできますか?

最近では、町中に家を構える人も増えて、周りの自然から季節を感じる機会は少ないのかもしれません。

しかし、家の中に季節の花を飾ることによって、家の中でも季節を感じることができるでしょう。

今回は、季節を感じられる花を楽しむコツを紹介します。

まずは、その季節に盛りを迎える花を飾ることです。

春であれば、菫や椿、さくら草、桃などの色が淡く華やかな花がよく目に付くでしょう。

そんな華やかに咲き誇る花を見ることで春を感じる人も多いと思います。

夏だと、百合や向日葵、朝顔など、見た目が涼し気な花や
夏の強い日差しを浴びて力いっぱい輝くような花が多いです。

また、それらの花を見ることによって涼を感じたり、元気をもらうこともあるでしょう。

秋には、菊やコスモス、金木犀など、香りを楽しんだり、秋の侘しさを感じることも多いでしょう。

これらの花を見たり薫りを感じるといよいよ冬が近づいてきたと感じることもあります。

冬は、山茶花やシクラメン、福寿草が代表的ではないでしょうか。

冬の厳しい寒さにも負けずに咲き誇る花は、儚いながらもどこか力強さを感じさせられます。

こういった花を季節ごとに飾るのは、花好きの人にとっては何の苦労も無く行うことができるでしょう。

しかし、殺風景な部屋に華やかさを足すことを目的にする人にとっては、
手入れが苦痛に感じたり面倒に思うこともあると思います。

そういった人には、プリザーブドフラワーをオススメします。

Blog-(1)

プリザーブドフラワーは、花の水分を抜いてその代わりにプリザーブド液や色素を吸わせて作るものです。

そのため、生花とは比べものにならないほど長持ちします。

欧米などの一年中通して湿度の低い地域だと、数年~十年ほど持つとされており、
湿度の高い日本でも一年は持ち、環境を整えることで何年も長持ちさせることができます。

プリザーブドフラワーは、フラワーアレンジメントに利用されることも多いので、インテリアとして利用することも多くあります。

家で花瓶に生けたり、キレイにディスプレイしたものを長持ちさせるには、技術やセンス、知識も必要になるでしょう。

しかし、プリザーブドフラワーのアレンジメントは、こまめな手入れも必要ありませんし、枯れる心配もありません。

プリザーブドフラワーを保管するときの注意点は、高温多湿を避け、直射日光の当たらない位置に保管しておくことです。

決して難しいことではありません。

暮らしに華やぎを持たせるためにも、季節の花を部屋に飾りませんか?

 

Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn季節の花を部屋に飾りませんか?