プリザーブドフラワーの生花選び

Prera madeブログを紹介

プリザーブドフラワーの生花選び

2016年10月17日

テーマ:ブログ

DSC_06921

最近は、生花より何年も美しい姿を保つプリザーブドフラワーを選ぶ方が増えています。

花粉症の方でも花粉を気にすることがありませんし、水やりやお手入れいらずで、忙しい人でも飾るだけでお花を楽しめるのも人気の理由です。

 

結婚祝いや母の日のプレゼントとして、お見舞いや御供のお花として、さまざまな場面で使われています。

そんなプリザーブドフラワーを、自分の選んだお花で作れるとしたら素敵ですね。
でも、単にお花の色がきれいというだけでは良いプリザーブドフラワーは作れません。

使う目的や、花材の状態にもよく気を配らなければなりません。
どういったお花がプリザーブドフラワーにふさわしいのか、詳しくご説明します。

プリザーブドフラワーの花材は新鮮であることが基本です。
まずは葉っぱを見てください。
葉っぱにハリがあるような新鮮なものを選びましょう。
葉っぱの色が変わっていたり、破れているものは、管理が行き届いていない可能性があります。
そういうお花はすぐに枯れてしまうことが多いので避けてください。

水揚げがしっかりしてあることも大切です。
水揚げがされていないと、水分不足で花はすぐに元気をなくしてしまいます。

花弁もチェックして、花弁が肉厚でハリのあるもの、そして花弁やガクに傷がないものを選びます。
花弁が薄くて透けてしまっているもの、花弁の付け根の部分や裏側が茶色く染まってきているものは、鮮度がよいとは言えません。

ガクが切れていたり茶色く色が変わってきているものも、古いものです。
ガクがみずみずしい緑色なのが、花が新鮮だということです。
バラで言いますと、ガクが反り始めているのは、もうすぐ散ってしまうというサインです。

また、お花は満開の状態のものではなく、六~八分咲きぐらいの花を選ぶようにすると、仕上がりがとてもきれいなものになります。

このように、完成度の高いプリザーブドフラワーを作るためには、生き生きとした新鮮な花材を用意することが基本となります。
お花の瑞々しさも、プリザーブドフラワーの魅力のひとつなのです。

あとは、お花を何に使うのかよく考えて選びましょう。
お祝い、御供、お見舞いなど、贈る相手の事を思いながら、その場にふさわしい花材を選んでください。
花言葉を気にしてみてもいいでしょう。

基本的には、サクラやユリ系の花、コスモスといった加工途中で壊れやすいお花以外のほとんどのお花は、プリザーブドフラワーにすることができます。

 

 

Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn