プリザーブドフラワーの作り方

Prera madeブログを紹介

プリザーブドフラワーの作り方

2016年10月13日

テーマ:ブログ

DSC_01001

プリザーブドフラワーとは、特殊な液に沈めて水分を抜いた花のことです。
通常の生花と違い、水を与えなくても瑞々しい状態を保つことができるため、長期に渡って飾っておくことができるのが特徴です。
プリザーブドフラワーを作るためには特殊な種類の水溶液を使用します。

必要な材料
プリザーブドフラワーを作るために必要な材料は、脱色・脱水作用のある水溶液(A液)と、着色作用のある水溶液(B液)が必要です。

これらの水溶液で生花を漬け込みますので、生花が入る程度のふたがある容器を用意しておきましょう。

また、水溶液から生花を取り出す時には水溶液に直接触れてしまわないように必ず薄手の手袋を着用して作業しましょう。

ピンセットや割りばしを利用するとより安全かつスムーズに作業が行えます。
生花を加工する際に茎をしっかりと切断できるような園芸用のハサミも用意しておくと便利です。

プリザーブドフラワーにする生花を選ぶ時にはできるだけ新鮮で葉や花びらにハリがありしおれていないものを選びましょう。
なるべく傷が少なく花びらが肉厚であるほうが長持ちしやすく見栄えもよいものを作ることができます。

プリザーブドフラワーの作り方
1. 新鮮な生花の茎を2〜3センチ残してはさみで切り落とします。

2. 容器に花全体がつかる量だけA液を用意し、生花を入れ、軽くゆすって花弁の間の空気を抜いていきます。
水溶液はアルコール成分が含まれているので、作業するスペースはきちんと換気しましょう。

3.生花を入れた容器にふたをして、しばらくつけおきます。
脱水・脱色を待ち、その後A液から花を取り出します。
使用したA液は洗浄に利用するため容器に残しておきましょう。

4. A液から取り出した生花をすぐに潤滑液入りのB液に入れて漬け込みます。
A液の時と同じように軽くゆすって空気を抜いてからふたをしましょう。

5. しばらく漬け込んで着色が終わったらB液から花を取り出して、再びA液で軽く生花を洗浄します。
A液もB液も一度使用したものは劣化してしまうため使い切りです。

6. 洗浄が終わったら自然乾燥させるかドライヤーを使って生花を乾かしてプリザーブドフラワーの完成です。

ドライヤーを使うときにはいきなり強い風を当てるのではなく、弱めの風を少し離れたところから当てて乾かしていきましょう。
自然乾燥の場合は形が崩れないように支えながら直射日光に当たらないところで乾燥させましょう。
天候にもよりますが、完全に乾燥させるためには数時間〜数日間かかります。

 

 

Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn