プリザーブドフラワーのギフト

Prera madeブログを紹介

プリザーブドフラワーのギフト

2016年11月30日

テーマ:ブログ

DSC_0211

皆さんはプリザーブドフラワーのギフトという言葉を聞いてどのような印象をお持ちでしょうか?
「え、そもそもプリザーブドフラワーってなんだろう・・・。」
「プリザーブドフラワーってギフトにできるんだ!」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はプリザーブドフラワーのギフトをテーマにお話ししていこうと思います。

 

そもそもプリザーブドフラワーとは、ドライフラワーとは全く異なり、生け花を加工し、長期間色鮮やかな美しさを保つことができます。これは半永久的に飾ることができ、また水やりや手入れを全く必要としません。逆に水をやってしまうと、周辺のカーテンや壁などを染めてしまう可能性もあります。管理方法をしっかり守っていれば長期間置いておくことができ、ギフトとしてもかなり有効になってきます。

 

このようなプリザーブドフラワーを相手の方に送る場合にもやはりマナーというものがあります。ギフトとして送る場合には相手に対して感謝などを伝えることであり、花も状況によって好まれる花と好まれない花があります。

 

まずは祝いに関するお花についてです。誕生日や結婚祝い、またはお子さんの入学や卒業など祝いの機会はたくさんあることでしょう。このような場合に好まれるお花はピンクやイエローなどとても明るいカラーのお花が好まれます。誕生日などは誕生月の花があり、結婚記念日などは赤バラなど愛を示したお花が良いでしょう。

 

そしてお見舞いの場合はあまり匂いのきつい花は選択しないようにしましょう。また、どうしても派手な色のお花なども禁物です。カラーも少し控えめのものの方が好まれます。プリザーブドフラワーの場合は枯れることはありませんが、高貴な雰囲気のお花を持参しましょう。

 

そして最後に出産でのお花です。この場合は本人が好むような色のものを選ぶようにしましょう。出産の前後1ヶ月くらいに買ってくることが理想でしょう。特に種類や配色などにタブーはありませんが、なるべくお見舞いのような感覚で購入することをお勧めします。

 

いかがでしたでしょうか?

 

プリザーブドフラワーの贈り物は手入れも簡単で、ギフトとしては向いている商品になっています。しかしプリザーブドフラワーの特徴をしっかり理解しておかないとどうしても壁などを汚してしまいかねません。また、お花の種類決めも状況に応じて決めるようにしましょう。ここまで読んでいただきありがとうございます。次回もお楽しみに!!
Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn