プリザーブドフラワーのアレンジ

Prera madeブログを紹介

プリザーブドフラワーのアレンジ

2016年8月10日

テーマ:ブログ

皆さんは、プリザーブドフラワーを買った、貰ったことはありませんか?

しかし、プリザーブドフラワーのアレンジの雰囲気が家や部屋の雰囲気が違ってどこか浮いてしまう、そんな経験はありませんか?

実は、プリザーブドフラワーのアレンジ方法は、たくさんあるのです。

今回は、そんなプリザーブドフラワーのアレンジ方法について紹介します。

まずは、ポットです。

DSC_0627

最も基本的なアレンジだと思います。

生花と同じように陶器やガラスの器に花をアレンジしていくものです。

部屋に飾ったりプレゼントとしてもよく使われます。

次は、リースです。

リースと言われると、クリスマスのリースを思い浮かべる人が多いと思いますが、花でリースを作って飾ることも最近は増えてきているようです。

色とりどりのプリザーブドフラワーを使ったリースは、クリスマスのリースとは違った華やかさを醸し出します。

3つ目は、トピアリーです。

トピアリーとは、植物を装飾的に刈り込んだ造形物のことを指します。

このトピアリーをプリザーブドフラワーでつくることによって、心を和ませる観葉植物として飾ることができます。

また、プリザーブドフラワーを使っているため、枯れることがなく水やりも必要ないので、お手入れが楽になるのです。

4つ目は、和風テイストのアレンジです。

和室やモダンインテリアにも合うように和風のアレンジを加えます。

どこかゆったりとした懐かしい雰囲気を楽しむことができるでしょう。

5つ目は、コサージュです。

普段のおしゃれに、フォーマルな席にもふさわしい上品なアレンジのコサージュを作ることもできます。

DSC_0751

6つ目は、ブーケです。

ブーケは貰ってもそのまま保管することはなく、どうしても花瓶に生けなおすことが必要になってしまいます。

しかし、プリザーブドフラワーでブーケを作ることによって枯れる心配がなくなり、ブーケの形そのままで長期間保管することができます。

7つ目は、ブートニアです。

これは、結婚式の時に新郎が胸に飾るコサージュを指します。

花嫁が持つブーケと同じ花材を使って作ります。近年では、結婚の思い出にアフターブーケとしてブートニアを保存することもあるようです。

 

最後は、フレームです。

ウェディング会場やパーティー会場などの入り口に置いてあるウェルカムボードにアレンジを加えることも多いようです。

ボードを花で飾ることによって一気に華やかな雰囲気になります。

また、フォトフレームや額縁にもアレンジを加えることもできるのです。

プリザーブドフラワーは、色々なアレンジ方法があります。

ぜひ、様々なアレンジを楽しんでください。

 

Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn