プリザーブドフラワーのお手入れ方法

Prera madeブログを紹介

プリザーブドフラワーのお手入れ方法

2017年2月6日

テーマ:ブログ

プリザーブドフラワーは、長くお楽しみいただける点から、
多くの方に贈り物などとして人気ですよね。
みなさんも、プリザーブドフラワーをいただいたというご経験が一度はあるのではないでしょうか。
そこで今回は、いただいた後に困りがちな「プリザーブドフラワーのお手入れ方法」についてご紹介したいと思います。

 

 

・水やりはしない

お花、というとみなさんどうしても水をやるというイメージが強いことかと思います。
しかし、プリザーブドフラワーに関しては水やりを行う必要はありません。
むしろ、水をかけてしまうと、お花にしみこませた色素が液体になり、周りに置いているものを染めてしまう可能性があります。
着色料は人体に無害ですが、カーテンなどに色移りするととれにくいです。十分に気をつけましょう。

 

・置き場所

湿度の高い場所・直射日光の当たる場所にはおかないようにしましょう。
花弁が色褪せたり鮮度が落ちてしまいます。
なるべく風通しのいい場所に保管しましょう。
目安としては、湿度30~50パーセント、温度18度~22度が最適だといわれています。

 

・ほこりの対処法

長時間楽しむことのできるプリザーブドフラワー。
だからこそ埃がたまってしまうことも多いでしょう。
ではいったいどうするのがいいのか。

 

ほこりがたまってしまったときにおすすめなのが「チークブラシ」です。
チークブラシは先が柔らかいため、お花を傷めずにほこりをとることができるでしょう。
ただ、プリザーブドフラワーも生花を同じように花弁がちぎれるなど大変デリケートなものです。
十分に気をつけて行いましょうね。

 

・なるべく手で触らないようにする

先ほどもお話しした通り、プリザーブドフラワーはデリケートなものです。
目に入るとつい触りたくなる気持ちは大いにわかります。
しかし、あまり手で触りすぎるとどうしても傷ついてしまうでしょう。
触る時はなるべく優しくなでる程度におさえましょう。
また、小さなお子様やペットがいらっしゃる場合は、できるだけ手の届かない場所で保管しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

「長持ちする」という印象から、「あまりお手入れもしなくてはいいのではないか」と思いがちなプリザーブドフラワー。
しかし、いつまでもきれいなお花を楽しむためには上記のようなお手入れをすることをおすすめします。
ぜひこの機会に、プリザーブドフラワーの扱い方についても考えてみてくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。

 

 

Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn