風水を意識したプリザーブドフラワーの飾り方とは

Prera madeブログを紹介

風水を意識したプリザーブドフラワーの飾り方とは

2016年7月13日

テーマ:ブログ

プリザーブドフラワーというのは、生け花やドライフラワーと違って、長持ちする花ですし、贈り物としてももらうことも少なくないのではないでしょうか。

生け花ももちろんうれしいですが、インテリアとして飾るのであれば、長持ちするプリザーブドフラワーが嬉しいものですよね。

ただ、風水を積極的に家に取り入れている人にとっては、何をどこに置くかというのは、大変重要なことで、
プリザーブドフラワーをどこに置けばよいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は風水を意識したプリザーブドフラワーの飾り方についてご紹介します。

まず、そもそもプリザーブドフラワーが風水的に良いのかということですが、
これは賛否両論あり、プリザーブドフラワーを飾っても問題ないという方もいれば、良くないという方もいらっしゃいます。

これは、風水が命みなぎるものを良しとするからなのです。

生け花は風水的に良いとされるものですが、ドライフラワーなどは枯れているということをイメージさせるので、風水的には良くありません。

ただ、プリザーブドフラワーというのは、ドライフラワーとも少し違い、
生け花と同じような鮮やかさや質感を再現していることが特徴となっています。

つまり、これを生きているものととらえるか、そうでないととらえるか、
もしくは、そもそも生き物として捉えず、インテリアの物としてみるかで風水的な意味が変わってくるのです。

このような理由から、プリザーブドフラワーを良いとするかしないかというのは、大変難しいポイントとなっています。

もちろん風水を気にしないという方であれば、プリザーブドフラワーの寿命が長く持つような乾燥した場所などに置くのが良いですが、
風水を意識する方であれば、風水的に重要になってくる場所を避けておくのが良いでしょう。

特に、玄関や人が集まるリビングなどは風水的に重要な場所であるので、
風水を意識する方は、あえてこの場所に置かないようにしましょう。

そして、プリザーブドフラワーを花としてではなく、色の風水を持つ飾りものとして捉えるのも、一つの選択です。

物として捉えるのであれば、インテリアの一つなので、色を意識して風水を取り入れると良いでしょう。

風水というのは、良い気をたくさん自分の中に取り入れるためにすることです。

風水を意識している方は、プリザーブドフラワーやドライフラワーの置く場所なども気にしてみてはいかがでしょうか。

 

Prera madeでは

皆さんがHAPPYな気持ちと

笑顔になれたらいいなとの想いで

ひとつひとつ

真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の

通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも

お待ちしております。

お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878

プリザーブドフラワー専門店

http://fleurire.com

 

top_bn