シーン別のプリザーブドフラワー選び~結婚祝い~

Prera madeブログを紹介

シーン別のプリザーブドフラワー選び~結婚祝い~

2016年12月20日

テーマ:ブログ

「結婚祝いに何を贈れば喜んでくれるだろうという?」ということは周りの方がご結婚される度毎回悩むことではないでしょうか。
きっと沢山のお祝いをもらうでしょうから、他の人と同じようなものを贈ってしまったなんてことも起こるかもしれません。そうなってしまえば贈られた側は少し困ってしまいますよね。

お花なら例え沢山もらってもどこかしらに飾ることが出来ますし、なんといっても綺麗なお花は贈られたらきっと贈られた方は嬉しくなるでしょう。

また、毎日の生活で実際に使うものならば、新郎新婦のこだわりのものや好みのデザインを使いたいという方もいらっしゃるでしょうが、お花ならそこまでこだわりはないはずです。

今回は結婚祝いに贈るべきお花についてご紹介致します。

・ブルースター
幸せな愛、信じあう心という花言葉があります。青い花びらが可愛らしい小さめのお花です。結婚式で花嫁が幸せになれるというサムシング4はご存知でしょうか。そのうちの1つがサムシングブルーで、何か青いものを身に着けるといいとされています。花にボリュームがないため、プリザーブドフラワーのボックスで贈るよりも花束の方がいいでしょう。

・鈴蘭
純粋という花言葉があります。フランスでは花嫁に鈴蘭を贈る習慣があるそうです。小さな鈴のような形の花がとてもキュートです。
プリザーブドフラワーなら着色可能なので、薄いピンクや水色にしてもかわいいかもしれませんね。

・胡蝶蘭
蝶をイメージさせる花から「幸せが飛んでくる」という花言葉が付きました。まさに結婚祝いにはぴったりの花言葉ですよね。また、白い胡蝶蘭なら清純という花言葉があります。もっと色鮮やかがいいと思う方は、バラなど色が綺麗でボリュームのある花と白の胡蝶蘭でプリザーブドフラワーのボックスを作ってもらうといいでしょう。

・バラ
バラは定番で人気のお花ですよね。愛や美という花言葉があります。インターネットでプリザーブドフラワーと検索すると沢山のバラのプリザーブドフラワーが出てきますよ。

様々な色のバラで華やかな花束にしたり、真っ赤なバラでハート型を作ってもいいかもしれません。そのような豪華なフラワーアレンジであれば、生花で枯らしてしまうよりもプリザーブドフラワーで長年飾っておいてもらいたいですね。

見た目だけでなく、それぞれの花言葉も踏まえてプレゼントすると一層想いがこもるのではないでしょうか。やはり人生に一度の結婚を祝うには豪華で美しいお花を贈りたいですよね。

また、その美しさをいつまでも保ってもらいたいものです。そんな方は生花ではなくプリザーブドフラワーのアレンジフラワーがいいでしょう。

 

Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn