シーン別のプリザーブドフラワー選び~クリスマス~

Prera madeブログを紹介

シーン別のプリザーブドフラワー選び~クリスマス~

2016年12月12日

テーマ:ブログ

この間ハロウィンが終わったかと思うともう町はクリスマスムード一色。
お店にはクリスマスグッズやクリスマスプレゼントが並び、イルミネーションを目にすることも多くなりましたね。
クリスマス当日は友人でパーティーをしたり、恋人とロマンティックな夜を過ごしたり、家族団らんで過ごしたりなど計画を立てているでしょう。

では、クリスマスプレゼントは何を贈るかもう決めましたか。
恋人同士ならアクセサリー、友達同士なら雑貨、家族なら実用品というようになんとなく毎年恒例のようになってしまっている方も多いでしょう。

今年はお花を贈ってみてはいかがでしょうか。今回はクリスマスに贈りたいお花をご紹介致します。

・ポインセチア
花言葉は祝福する、聖なる願い、聖夜などがあり、クリスマスにぴったりだと言えるでしょう。
真っ赤な葉っぱがポイントです。花の部分はとても小さいので葉の部分が花だと思っている方も多くいらっしゃるかもしれません。

クリスマス前になると花屋さんでよく見かけるクリスマスの一番定番と言える花でしょう。赤をよく見かけますが、白やピンクもかわいいですよ。

なぜポイントセチアがクリスマスの定番になったのかというと、赤の葉がキリストの血、緑の葉が永遠、白の葉が純潔を表しているとされているためです。

・ガーベラ
ガーベラは希望、美しさ、前向きというような花言葉があります。本来ガーベラは春や秋に咲く花ですが、プリザーブドフラワーなら何年も綺麗に保存される状態になるため開花時期を気にする必要はありません。様々な色がかわいいお花ですが、クリスマスにはやはり赤、白、緑がおすすめです。

・セイヨウヒイラギ
赤い小さな実とギザギザの緑の葉が特徴です。赤がキリストの血、ギザギザの葉がキリストがかぶっていた冠を連想させるため、これもクリスマスの定番の植物です。リースや花束、プリザーブドフラワーのバケットやボックスにプラスすると一気にクリスマス感が出ますよ。

・バラ
バラはクリスマスでなくてもプレゼントの定番ですよね。特にクリスマスには真っ赤なバラがぴったりでしょう。彼女に大きなバラの花束をプレゼントしたりすれば、きっと彼女は喜ぶに違いありません。他に紹介したお花などを加えると更にクリスマスっぽくなるでしょう。

赤、白、緑以外にもシルバーは雪景色を連想させる色ですし、クリスマスにぴったりです。アレンジの中にシルバーの松ぼっくりや葉っぱを入れてもらうと綺麗ですよ。

また、プリザーブドフラワーなら数年間は綺麗な状態のまま保存できるのでワンシーズンだけでなく、来年、再来年も同じお花を飾っていただけます。その度プレゼントしてくれたあなたのことを思い出すでしょう。

今年は大切な人と綺麗なお花と一緒に素敵なクリスマスにしませんか。
Prera madeでは 皆さんがHAPPYな気持ちと 笑顔になれたらいいなとの想いで ひとつひとつ 真心込めてお作りしております。

ぜひ、ごゆっくり プリラメイド の 通販サイトご覧下さい。

お電話でのお問い合わせも お待ちしております。 お気軽におかけ下さい。

TEL:0120-81-1878 プリザーブドフラワー専門店 →http://fleurire.com   top_bn